デリバリー専門店を開業するには

カフェが売り上げをアップする方法【コロナ禍での成功事例】

カフェが売り上げをアップする方法【コロナ禍での成功事例】
カフェを経営してるんだけどコロナ禍で売り上げをアップするにはどうしたらいい?
成功事例を詳しく解説します!

コロナ禍の影響でカフェの売り上げは下がる一方、依然として苦しい状況が続いています。

コーヒーは家で飲むから大丈夫…と密であるカフェを避ける傾向がありますよね。

全然お客さんが来なくてつらい、もう耐えきれないというカフェ経営者の方も多いのではないかと思います。

この記事では、協力金を利用して売り上げをアップしたいカフェオーナーにむけて、苦しい状況の中で売り上げをアップさせた成功事例をご紹介します。

  • 最近のカフェの売り上げ状況
  • カフェが売り上げをアップする方法
  • カフェが売り上げをアップする成功事例

これ以上、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置にはたえられない、苦しい状況を抜け出したいとカフェ経営でお悩みの方はぜひご覧ください。

この内容について、経営者の立場でゴーストレストランを評価する日本で唯一の口コミサイト“ゴーストレストランnavi(ゴーナビ!)”がご紹介します。

カフェの売り上げ状況は?

出典:業界動向

カフェの売り上げ状況は2021年版 カフェ業界の市場規模の推移を見ると、それまで右肩上がりだったものがコロナの影響で急に下がっているのがよくわかります。

カフェも飲食業界の1つなので、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響をもろに受け、2022年現在も依然として厳しい状況が続いています。

カフェが売り上げをアップする方法

カフェが売り上げをアップする方法

カフェが売り上げをアップする方法は以下のものがあります。

  • 新規顧客を獲得する
  • リピーターを増やす
  • 座席数を増やす
  • 座席稼働率を上げる
  • 回転率を上げる
  • 客単価を上げる
  • 営業日を増やす
  • 貸切営業を行う

このあたりは飲食店を経営する上での常識といえば常識ですよね。

客単価をアップさせるためには「メニューを充実させること」、これが最重要です。

  • 擬音語・擬態語を使い、五感を刺激するコピー・メニューにする
  • メニューに写真やイラストを多用する
  • 限定メニューをつくる
  • 内税表記を外税表記にする
  • ワンランク高いプレミアムメニューを導入する
  • 店主の想い、こだわりをメニューに書く

こうした努力によって、お客さんが注文したくなるメニューを増やせば客単価は自然に上がります。

カフェが売り上げをアップした成功事例

カフェが売り上げをアップした成功事例

シンプルにカフェの売り上げを増やすならフードメニュー・ドリンクメニューに力を入れて売り上げをアップするのが、正攻法です。

出典:春水堂

大手の成功事例を研究すると、タピオカミルクティーが人気で台湾カフェのトップを走る春水堂は、季節ごとに限定のフレーバーを出して人気になっています。

さらに春水堂はUber Eatsなどデリバリーでも売り上げをアップさせています。

とはいえ、個人店のカフェが急に新メニューを考案したり、しっかりとシールをして漏れないドリンクをデリバリーで配達したりするのは難しいですよね。

もちもちで人気の韓国ワッフル

同じ悩みを抱えたある個人経営のカフェオーナーは、ゴーストレストランを運営する会社に相談し、カフェと相性がいい「韓国ワッフル」と「飲むチーズケーキ」メニューを導入したところ売り上げが上がったそうです。

似たような事例で、カラオケまねきねこはバズるグルメフェアを行って、台湾夜市の定番グルメであるジーパイと飲むチーズケーキをフードメニューに取り入れました。

実はこれらのメニューは株式会社バーチャルレストランという、デリバリーグルメ(ゴーストレストラン)を専門に扱う会社の商品です。

ゴーストレストランって何?世界一わかりやすく解説

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

カラオケまねきねこのバズるグルメフェア カラオケまねきねこのバズるグルメフェア ジーパイ

私も実際にまねきねこに行って食べてみたのですが、ジーパイがものすごく大きくて食べごたえがあり美味しかったです。

飲むチーズケーキも女子高生を中心に人気メニューとなっています。

飲むチーズケーキ『GOKUCHEE』は儲かるの?フランチャイズ導入はあり・なし?

カフェが売り上げをアップしたいなら即行動しよう

結論としては、カフェが売り上げアップをするにはフード・ドリンクメニューを充実し魅力的なものにすることが最重要です。

TSUTAYAが運営するシェアラウンジをご存知ですか?

ミカン下北にあるシェアラウンジの店内の様子 ミカン下北にあるシェアラウンジのおやつ・ナッツバー ミカン下北にあるシェアラウンジの生ビール

1時間およそ1,000円という高価格ながらも、ついつい何時間もいたくなってしまうのは心地良い空間づくりはもちろんのこと、多彩なドリンク・フードメニューが食べ飲み放題なことも大きな要因です。

なんとプランによってアルコールも飲み放題。

多彩なドリンク・フードメニューがいかに売り上げに貢献するかというのがよくわかる事例かと思います。

この記事内でご紹介したように、まねきねこのような大手カラオケはバーチャルレストランとコラボして、「飲むチーズケーキ」や「ジーパイ」などSNSで話題のグルメを取り入れています。

株式会社バーチャルレストランではこのほかにも、

など2022年のトレンドグルメを取り入れているので、SNSで話題のグルメを取り入れて売り上げをアップさせたいカフェは株式会社バーチャルレストランに気軽に問い合わせしてみましょう!

最近は地方のネットカフェでのゴーストレストラン導入事例も増えてきているそうですよ。

無料相談をいつでも実施中!

だ、大ニュース〜!!

2022年7月27日に、USEN-NEXT HOLDINGSが株式会社バーチャルレストランの株式取得、子会社化すると発表し、フードデリバリーサービス市場へ参入したことが話題になっています!!

あのUSENですよ!今後の伸びがさらに期待できる〜!

\デリバリー売上アップの近道/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで2,000を超えるのデリバリー店舗の出店をサポート。

  • UberEatsで売り上げをアップしたい…!
  • わらび餅や韓国ワッフルなどデザートメニューを加えたい…
  • 店舗をもたず自宅でデリバリー専門店を開きたい…

こうしたお悩みをもつショップオーナーの方は、デリバリーで失敗しないためにまずは気軽に無料相談してみましょう。

資料請求お問い合わせ

【無料相談は▶︎こちら