デリバリー専門店を開業するには

フルーツ大福専門店は儲かるのか?儲かる3つの理由と成功事例

フルーツ大福専門店は儲かるのか?儲かる3つの理由と成功事例
フルーツ大福専門店専門店は儲かるの?
結論的には儲かります。

フルーツ大福専門店、すごく増えていて行列を作っていますよね。

なぜあれだけお店が増えたかというと「儲かるから」これにつきます。

とはいえ、2022年4月現在すでにブームが落ち着きはじめており、出店するには注意が必要です。

この記事では、フルーツ大福専門店専門店をはじめたい、興味があるというショップオーナーの方向けにこんなことをまとめました。

  • そもそもフルーツ大福専門店とは?
  • フルーツ大福専門店が儲かる9つの理由
  • フルーツ大福専門店の成功事例
  • フルーツ大福専門店のはじめ方
  • フルーツ大福専門店を開業するときの注意点

フルーツ大福専門店の経営で失敗したくない方はぜひご覧ください。

フルーツ大福専門店とは?

覚王山フルーツ大福 弁才天 三軒茶屋店の箱

フルーツ大福専門店とは、キウイやいちごなどのフルーツを丸ごと白あんと餅で包んだフルーツ大福のみを扱うお店のこと。

いちご大福やみかん大福などは以前から和菓子屋の1つの商品としてありましたが、フルーツ大福専門店は通年でフルーツ大福のみを販売しているのが特徴。

メロン、いちじく、シャインマスカットなど季節限定の商品もあります。

フルーツ大福専門店の例
  • 覚王山 フルーツ大福 弁才天
  • フルーツ大福 まる姫
  • 3一心堂
  • 養老軒
  • 菓実の福
  • い志い
  • フルーツ大福 凛々堂
  • 一福百果・清光堂

フルーツ大福が儲かる3つの理由

フルーツ大福が儲かる3つの理由はこちら。

  1. 利益率が高い
  2. SNS映えする
  3. ブームに乗っている

利益率が高い

フルーツ大福は利益率が高いです。

大体どのお店も1個400円〜800円くらいします。

シャインマスカットなどは1粒で800円するので利益率はめちゃくちゃ高いわけですね。

高級フルーツ=高くてもしょうがないという認識が消費者にはあるので、高くても売れる構図が出来上がっている状態です。

ケーキより高いのに売れる不思議。

SNS映えする

フルーツ大福専門店は儲かるのか?儲かる3つの理由と成功事例

フルーツ大福は切ると、断面がSNS映えします。

これが可愛くてInstagramやTwitterにアップしたいがために買うわけですね。

SNSにアップしてくれると勝手に広報してくれるわけで、これはかなり経営者からすると得ですよね。

ブームに乗っている

フルーツ大福は2つのブームに乗っているから売れているといえます。

  • ヘルシーブーム
  • 和菓子ブーム

この2つです。

最近は低糖質ダイエットやプロテイン、マクロビなどダイエット、ヘルシー志向になっています。

だからこそ、糖質&脂質たっぷりのケーキよりも、フルーツ大福はヘルシーだからこっちを選ぶという人が増えているわけです。

カスタムサラダ屋さんも人気ですよね。

もうひとつは和菓子ブームです。

わらび餅、どら焼き、かき氷など和菓子が洋菓子に比べるとヘルシーで見た目も可愛いと人気がじわじわと高まってきています。

わらび餅ドリンクも人気ですよね。

ヘルシーブームと和菓子ブームに乗って、さらにSNS映えするからフルーツ大福は人気なわけです。

フルーツ大福専門店が儲かる成功事例

フルーツ大福専門店が儲かる成功事例を2つご紹介します。

覚王山フルーツ大福 弁才天

フルーツ大福専門店が儲かる成功事例

覚王山フルーツ大福 弁才天は、愛知県名古屋市の覚王山(かくおうざん)に本店があるフルーツ大福専門店。

フルーツ大福専門店の中で店舗数が1番多く全国に50店舗以上あります。

覚王山フルーツ大福 弁才天 三軒茶屋店のキウイ大福

フルーツ大福ブームが落ち着いてきた今でも、やっぱり弁才天が一番美味しいというリピーターが多く人気になっています。

特徴は外側の部分がお持ちではなく高級羽二重粉(はぶたえこ)を使った求肥(ぎゅうひ)であること。

これによって時間がたっても硬くなりにくく、独特のやわらか食感を作りあげています。

贈答用の箱なども高級感があって、ブランディングがうまいなと思いました。

金沢フルーツ大福 凛々堂

金沢フルーツ大福 凛々堂

金沢フルーツ大福 凛々堂は全国に15店舗あるフルーツ大福専門店。

主にSNS(TikTok・Instagram)を活用した集客バズって人気になりました。

フルーツ大福専門店が儲からない理由

フルーツ大福専門店が儲からない理由としては、すでに“覚王山フルーツ大福 弁才天”が全国的なシェアをとってしまっていて、ここから巻き返すのは難しいというのはあると思います。

もしフルーツ大福専門店をオープンするなら、店舗を持たずにデリバリー専門のゴーストレストランで行うのがオススメです。

実際に「Fruit Sandwich Origami」というフルーツサンド専門のゴーストレストランがあり、かなり儲かっているのだそう。

ゴーストレストランって何?世界一わかりやすく解説

ゴーストレストランを開業する流れは?5つのSTEPで完全解説

フルーツ大福専門店で儲けるのは難しいかも

結論としては、「フルーツ大福専門店はビジネスモデルとしては儲かる、ただし、2022年現在はもはや飽和状態でこれからリアル店舗として参入するのは厳しい」となります。

株式会社バーチャルレストランのクレイジーワッフル

2022年以降であれば、フルーツ大福よりもわらび餅ドリンクや韓国ワッフルなど次のブームを狙って、先に動く方がいいでしょう。

>>>【韓国ワッフル】クレイジーワッフルの口コミ・評判は?実際に注文してみた

タピオカの時もそうでしたが、ブームに乗って大儲けできるのは、1番最初に参入したものだけです。

あとから遅れて参入しても2022年のフルーツ大福専門店のように厳しい状況になります。

クレイジーワッフルのマンゴーミルククリーム

韓国ワッフルなどトレンドグルメは店舗を持たず、デリバリー専門で行う形態“ゴーストレストラン”で開業するのが初期費用が低くてオススメです。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

だ、大ニュース〜!!

2022年7月27日に、USEN-NEXT HOLDINGSが株式会社バーチャルレストランの株式取得、子会社化すると発表し、フードデリバリーサービス市場へ参入したことが話題になっています!!

あのUSENですよ!今後の伸びがさらに期待できる〜!

\デリバリー売上アップの近道/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで2,000を超えるのデリバリー店舗の出店をサポート。

  • UberEatsで売り上げをアップしたい…!
  • わらび餅や韓国ワッフルなどデザートメニューを加えたい…
  • 店舗をもたず自宅でデリバリー専門店を開きたい…

こうしたお悩みをもつショップオーナーの方は、デリバリーで失敗しないためにまずは気軽に無料相談してみましょう。

資料請求お問い合わせ

【無料相談は▶︎こちら