デリバリー専門店を開業するには

北海道でゴーストレストランをはじめるには?失敗しないための注意点

北海道でゴーストレストランをはじめるにはどうしたらいい?
世界一わかりやすく解説しますね! 

実店舗を持たずにデリバリーを専門に行うゴーストレストラン(バーチャルレストラン)に注目している経営者の方は多いのではないでしょうか。

家賃がかからない分、利益率が高いので儲かりやすいのがポイント。

とはいえ、北海道で参入する時には出店エリアや選ぶグルメブランドなど注意点もあります。

この記事では、ゴーストレストランを北海道ではじめたい方に向けてこんなことが書かれています。

  • 北海道でゴーストレストランをはじめる流れ
  • 北海道でゴーストレストランをはじめる時に失敗しない注意点
  • 北海道でゴーストレストランをはじめる時のおすすめブランド
  • 北海道でゴーストレストランをはじめる時のオススメ物件 etc…

この内容について、ショップオーナーの立場で、ゴーストレストランを実際に食べてレビューする日本で唯一のサイト“ゴーストレストランナビ(ゴーナビ!)”がご紹介します。

時間がない方のために、1番重要なことを最初にいいます。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためには“売れるゴーストレストランブランドを取り入れること”が最重要です。

このブランド選びで間違うと失敗しますので、東京チカラめしやわらび餅もとこなど売れるブランドを複数持つ株式会社バーチャルレストランのような会社にまずは無料相談しましょう。

\飲食店オーナーの方、必見/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン
株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしをデリバリーしたあの東京チカラめしともライセンス契約できる

デリバリーの売り上げをアップするためには、

  • 原価率をおさえ利益率をあげる
  • オペレーションを簡単にする
  • SNS映えするメニュー開発

など「勝つための戦略」が不可欠です。

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで1,800を超えるゴーストレストランの出店をサポート。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためにまずは無料相談してみましょう。

資料請求(無料)お問い合わせ

【無料相談は▶︎こちら

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランって何?

ゴーストレストランとは、お店を持たず店内にお客さんを入れて食事を提供はせず、Uber Eatsなどデリバリーサービスで注文を受け、配達するシステム。

ゴーストレストラン(ダークキッチン) 実店舗を持たずにデリバリー専用メニューをUberEatsなどフードデリバリーサービスで提供する店
バーチャルレストラン 実店舗を持つ飲食店が実店舗とは異なるデリバリー専門の飲食店を展開すること
ゴーストキッチン(クラウドキッチン) デリバリー専用の料理を調理する厨房施設。キッチンは店舗ごとに独立の場合が多い(下北沢にあるDelicious Factoryなどはテイクアウトにも対応)
シェアキッチン 1つのキッチンを複数の料理人や飲食店が共同で利用すること(8K(ハチケー)など)

海外ではダークストア、バーチャルキッチン、クラウドキッチン、ゴーストキッチンと呼ばれることもあります。

ゴーストレストランって何?世界一わかりやすく解説

クラウドキッチンってなに?シェアキッチンとの違いは?

2016年以降、下記のデリバリーサービスが増えたことや新型コロナウイルスの影響で実店舗にお客さんが来ないことを理由にゴーストレストランが急増しました。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • menu
  • Wolt etc…

ゴーストレストランの歴史的にはアメリカが発祥で、イギリスや中国など世界中に広がりました。

日本では2019年頃のタピオカ・韓国チキンブームで一気にゴーストレストランが増えました。

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

北海道でゴーストレストランをはじめるには?

北海道でゴーストレストランを開業する流れはこの5STEPになっています。

この5つの流れは日本全国どのエリアでも特段違いはありません。

  1. 事業計画を立てる
  2. 必要な資格・許可を取る
  3. 出店場所のエリアを選定する
  4. 調理場所・必要備品を確保する
  5. デリバリーサービスへ登録する

詳しい解説は“ゴーストレストランを開業する流れは?5つのSTEPで完全解説”をご覧ください。

北海道でゴーストレストランをはじめる注意点

北海道でゴーストレストランをはじめる時に失敗しないための注意点は2つあります。

  1. Uber Eats配達エリア外に出店しない
  2. 売れるゴーストレストランブランドを選ぶ

順番に解説します。

Uber Eats配達エリア外に出店しない

UberEatsで北海道全域が配達エリアになっていないことに注意が必要です。

北海道のUber Eats(ウーバーイーツ)は2020年7月28日(火)から札幌で使えるようになりました!

その後、徐々にエリア拡大し、2022年6月現在、北海道内でUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できる市は以下の通りです。

北海道のUber Eatsエリア
  • 札幌市(中央区、白石区、東区、北区、厚別区、白石区、手稲区、北区)
  • 旭川市
  • 函館市
  • 江別市
  • 北広島市
  • 石狩市

こんな失敗をする方はいないと思いますが、Uber Eatsなどデリバリープラットフォームのエリア外でゴーストレストランを開業しないようにしましょう。

具体的にはエリア外は北海道だと釧路、稚内など。

たとえ開業したとしても、配達員がいないため経営が成り立たなくなります。

必ず、ウーバーイーツ配達エリア内でゴーストレストランを開業するようにしましょう。

出前館の配達エリアになっているだけじゃダメなの?
ダメです、Uber Eatsの配達エリア内であることが重要。

出前館の配達エリア圏内になっていたとしても、ゴーストレストランを出店するのは避けた方が良いです。

なぜなら、本当にデリバリー需要があるのは出前館ではなく、Uber Eatsの配達エリア圏内だから。

北海道はエリアによって、デリバリーグルメの需要が全然違います。

デリバリーニーズがある繁華街に出店するようにしましょう。

売れるゴーストレストランブランドを選ぶ

ゴーストレストラン経営で失敗しないためには“売れるゴーストレストランブランドを取り入れること”が最重要です。

このブランド選びで間違うと必ず失敗します。

売れるゴーストレストランブランドはどうやって選んだらいいの?
ポイントは味・見栄えと知名度です。

売れるゴーストレストランブランドは「味と見栄え」がいいです。

東京から揚げ専門店あげたてクレイジーワッフルなどヒットしているゴーストレストランブランドは必ず、味もよくて見た目も華やかなんですよね。

味と見栄えがちゃんとしていると「高いけど、頼んでよかった!」という満足感につながり、リピーターになってもらえることや、SNSで拡散されて注文が増えるなどメリットがあります。

東京チカラめしをデリバリーで注文してみた!クチコミ・評判は?

あとは「あ〜テレビで見たことがある!食べてみたいと思ってた!」のように知名度があるブランドや韓国グルメのような流行に乗ったグルメの方が圧倒的に売れやすいです。

たとえば、東京チカラめしを知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

じつは2000年代に一世を風靡した東京チカラめしはゴーストレストランブランドとしてブームが再燃しています。

知名度という部分では最強のゴーストレストランブランドといえるでしょう。

東京チカラめしをデリバリーで注文してみた!クチコミ・評判は?

▶︎各店舗へのフランチャイズ加盟に関する問い合わせはこちら

一方で、どこの会社がやっているかわからない○○専門店のようなゴーストレストランブランドをいくら出店しても残念ながら売れることはありません。

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

北海道でゴーストレストランにオススメのブランド

北海道でゴーストレストランをはじめるときのオススメブランドを2つご紹介します。

東京チカラめし

株式会社バーチャルレストランの東京チカラめし

1つは先ほどご紹介した東京チカラめし。

東京チカラめしは2000年代に日本で100店舗以上に拡大した伝説的な牛丼チェーン。

“元祖焼き牛丼”を提供し、大人気でした。

聞いたことがある、食べたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしのネギ玉焼き牛丼 株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしの元祖焼き牛丼

実際にデリバリーして食べてみたのですが、10年ぶりくらいに食べた東京チカラめしはやっぱり美味しいですね。

「東京チカラめし」を知っている人は潜在的にかなり多く、いまなお熱烈なファンもいるので、かなりの注文数が見込めるでしょう。

北海道内ではゴーストレストランブランドとしての東京チカラめしは、札幌にすでにオープンしていますが函館や旭川にまだまだありません。

このエリアで1号店になれば大いにチャンスありですね。

▶︎東京チカラめしのフランチャイズ加盟に関する問い合わせはこちら

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

わらび餅もとこ

もう1つは“わらび餅もとこ”。

わらび餅もとこは和菓子の聖地 巣鴨で15年続くわらび餅専門店。

プルプルでみずみずしいのが特徴の特製わらび餅は唯一無二のおいしさ。

口コミ評判を見ても、どの店舗も高評価となっている人気ブランド。

2022年現在、和菓子ブームがきていることもあり、こちらもまだ出店がないエリアを狙えば、かなりの売り上げが見込めます。

北海道内には札幌店が1つすでにオープンしていますが、旭川、函館周辺で開店すればまだまだニーズをつかめそうです。

じつは東京チカラめしもわらび餅もとこも“株式会社バーチャルレストラン”という同じ会社が運営しています。

株式会社バーチャルレストランは美味しく満足できるグルメブランドを生み出している実績ある会社なので、困ったら無料相談してみると良いですよ。

▶︎わらび餅もとこのフランチャイズ加盟に関する問い合わせはこちら

\ ゴーストレストランで失敗したくない方 /

\飲食店オーナーの方、必見/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン
株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしをデリバリーしたあの東京チカラめしともライセンス契約できる

デリバリーの売り上げをアップするためには、

  • 原価率をおさえ利益率をあげる
  • オペレーションを簡単にする
  • SNS映えするメニュー開発

など「勝つための戦略」が不可欠です。

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで1,800を超えるゴーストレストランの出店をサポート。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためにまずは無料相談してみましょう。

資料請求(無料)お問い合わせ

【無料相談は▶︎こちら

北海道でゴーストレストランにオススメの物件

クラウドキッチンの具体例5選出典:PRTIMES

北海道でゴーストレストランにオススメの物件としてはクラウドキッチンがオススメ。

タネキッチン、カンティーナ (KANTINE)など少しずつクラウドキッチンが増えていますがまだ少ない状態です。

間借りやゴーストレストラン向けの物件を自分で探す方法もありますが、クラウドキッチンであれば営業許可やキッチンなどすべて環境が整っており、すぐにスタートできるメリットがあります。

都内でオススメのクラウドキッチンなど、詳しくは“クラウドキッチンってなに?シェアキッチンとの違いは?”をご覧ください。

北海道でゴーストレストランをはじめよう

ゴーストレストランのメリットは?

まとめると、北海道でゴーストレストラン(バーチャルレストラン)を成功させるのに大切なのは、

  1. Uber Eats配達エリア外に出店しない
  2. 売れるゴーストレストランブランドを選ぶ

この2つでした。

デリバリーニーズはあるけれどまだゴーストレストランが少ない穴場エリアの分析、ワンオペでもいけて利益率が高いメニュー設計なども大事です。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためには、出店前にきちんと戦略を練りましょう。

何もわからずに飛び込んでいっても、たとえ飲食経験者でも失敗してしまいます。

記事内でもご紹介した東京チカラめしクレイジーワッフルなどを取り扱う株式会社バーチャルレストランは美味しく満足できるグルメブランドを生み出している実績ある会社なので、困ったら無料相談してみると良いですよ。

\飲食店オーナーの方、必見/

バーチャルレストランってどんな会社?株式会社バーチャルレストラン
株式会社バーチャルレストランの東京チカラめしをデリバリーしたあの東京チカラめしともライセンス契約できる

デリバリーの売り上げをアップするためには、

  • 原価率をおさえ利益率をあげる
  • オペレーションを簡単にする
  • SNS映えするメニュー開発

など「勝つための戦略」が不可欠です。

マネーの虎の南原社長も絶賛の会社“株式会社バーチャルレストラン”はこれまで1,800を超えるゴーストレストランの出店をサポート。

ゴーストレストラン経営で失敗しないためにまずは無料相談してみましょう。

資料請求(無料)お問い合わせ

【無料相談は▶︎こちら

繰り返しますが、北海道はまだまだゴーストレストランブランドの進出はそれほど多くなく参入するには今がチャンス。

ゴーストレストランは売れるブランドを早めに抑えて出店するのが成功の近道です。

わからないこと、不安なことが1つでもあれば、まずは専門家に無料でなんでも相談して安心してゴーストレストランを開業しましょうね!

>>>株式会社バーチャルレストラン無料相談は▶︎こちら